Posted by at

2008年02月20日

★夜★

《お父さんの所に行く.....ねぇ.お母さん、おばあちゃん、お父さん遠い所いったってどこ??....天国?...天国はどうやっていくの?ねぇ..お父さんはいつ家に帰るの?....おばあちゃん、お母さん....泣かないで。天国行くってゆわないから。.....僕が我慢するから。........そしたらお父さん戻って来てくれるよね...?....。》







〈優...。........優........ごめんな。..〉






《ハッ!!》


僕はいつの間にか眠りについていた。

寝起きだからか、わからないけど夢と現実が逆さまになった感じがしていた。



「.....夢?....確かに耳元で優(ユウ)って聞こえた気がするんだけど..。ミサ―!?...」




ミサもおかんも眠りについていた。さっき起きた様子はなく、二人とも、すやすやと寝息をたてて寝ている。








不思議な出来事も、特にきにせず、僕はまた眠りについた..。



部屋の中で、ただひとつ変わっていたのは、買ったばかりのタバコが開いていて一本無くなっていた。

その時は、そんなことは全然気付かなっかった。



僕は父さんと一緒のタバコを吸っている。同じ酒を飲んでいる。少しでも父さんに近付くために...。  


Posted by ちゅんさん at 21:55Comments(2)

2008年02月20日

★家族★

7月17日、20年前、父さんは死んだ。

死因は心筋梗塞だ。しばらくは植物人間の状態だった、7月17日までは...。




父さんは造園の仕事をしていた、腕がいいと評判のため、あちこちで仕事の依頼が、まわっていた。




照り返す太陽の光の中、父さんは急に寒いと、いいだし、そのまま地面に倒れこんだ。

暖い風に包まれている父さんの体は少しづつ冷たくなっていったらしい。

その日、父さんは何も水分を口にしなかったらしい。




僕は6才だったので、父さんという存在を、ほとんど覚えていない。

思い出せるとしたら、断片的な記憶の中にうつる景色と毎週日曜日に買い物に行ってたことぐらいだ。



最近よく父さんの夢を見ることがある。

顔こそ記憶の中では忘れてるけど、やっぱり会えば、はっきりわかる気がした。



7月16日、毎年、命日の前の日には実家に帰る事にしている。


家族が集まれる時は、この日くらいだ。


僕は長男で双子の妹がいる。

妹の名前はミサ。


ミサは早くに結婚していたため、兄弟で会うのも久し振りだった。


「ただいまー。」


玄関をあけたら、懐かしい匂いがした。変わらない家の雰囲気、同じ年月を一緒に過ごした、この家は、いつ来ても安らぎを与えてくれてるようだ。

ミサより早く家に着いた僕は、夜ご飯の準備を、おかんと一緒に手伝うことにした。


〈ただいまーあれ?優はもう来てんの?〉


《おかえりー♪》ミサが家に到着した。

三人でご飯を作るは、初めてだ。さすがに主婦のミサは包丁さばかが上手い。とても僕にはできないくらいのスピードで料理が、作られていった。


家族でご飯をたべながら話しをするのは、とても楽しい。お酒も次々に無くなり、みんな、ほろ酔い状態になっていた。


時計の針は22時をまわっている。


あまり話す事がない父さんの話しを、おかんが話しをしてくれた。

お酒のせいか、いつもより、よく笑う、おかんを久し振りに見た気がする。

、父さんとの出会い、

別れ 人柄 性格

知らない事がたくさん聞けて、過去に生きる父さんの面影が少し見えたきがして嬉しかった。  


Posted by ちゅんさん at 12:30Comments(1)